忍者ブログ
ようこそ、見限られたユメが辿り着く塵箱へ
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テストが土日挟んであったのでしばらく触れなかった…
お久です!阿呆代表天野響です!

…雑食の方一回閉じてもっかいやり直した方がいいかなぁ・・・
なんか、納得いかないっていうか
エミリー(ブログではエミリーって呼ぶことにした)は上手くいってるようなきがするんだけど
ハニーもできたしw(自重しようか)

あ、あのですね、また馬鹿をやらかしました

サンホラ写真集 買 っ ち ゃ っ た !

オリジナル版「恋人を射ち堕とした日」がツボです
あー、パロやりたい
エミリーの方パロしかないような気がする、うん
でもパロって楽しいよね!ね!

明日英語の補習だ…
はっ!明日ホワイトデーではないか!
ちょ、待て!僕まだ文書けてねぇ!お題書きたかったのに!

次は突発書き
エミリーにあげたもの
そういう要素ないから大丈夫かなぁと
あ、でも分かる人見たら「あー、こいつか」って思う
でも喋り方わかんなかt(ry)


ふと瞼をあげれば、広がる無限の闇
本当に目を開けているのか不安になるくらいに濃密な漆黒
人間の負の感情の象徴ともいえるそれらはそれを確かに蝕み続けていた


主人を護ると誓った人間は、境のない魔物になった
そして主人を失った魔物はただ、ただまわり全てに怯えていた
己の腕さえ見えぬこの世界
それの存在を未だに存続させているのはそれが愛した主人


 

 

 

 


眩しくて、暖かな光が見えた
あぁ、あれはなんだったっけ
主人ではない
自分が忠誠を誓った主人は、あんなに無邪気な光を宿してはいなかった
あれはなんだった?
やけに懐かしい、あの光はなんだった?


思い出せないもどかしさが、闇の中で憔悴した意識を奮い立たせる

思い出さなければ、ならないような気がした
思い出さなければ、自分のどこかが壊れるような、そんな錯覚

そして
欠片を、掴んだ

 

 

“――があの方の身を護るというのなら、私は心を護ります。あの方の心も、――の心も。私に出来ることがそれしかないというのなら、私はこの命尽きようとその命を果たします”


懐かしい、自分を呼ぶ声

とうめいななみだをこぼしながら
ぼくのあたまをかかえるようにだきしめながら
ふるえながらそういってくれたのは

だれだっけ?


見知らぬ君は僕の


(だいじなひとだった?)(おもいだしたいのにおもいだせないの)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/01 はろめ]
[01/25 未緒兎]
[01/05 大空零]
[12/06 らびっと]
[11/29 未緒兎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天野 響
性別:
女性
職業:
高校生
趣味:
読書と寝る事とネット(笑)
自己紹介:
今のところ310様と07単車があれば生きていけそうな不健康高校生
飽き性なのでこれがいつまで続くのか
そしてYGOはいつ再熱するのか(切実だ)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]